​心の故郷

探していませんか?

あなたが、今、楽しく生きていても、あるいはつらいなと思っていても、心の深いところで帰るべきところを探していることに気づいておられるでしょうか。
左の絵画はレンブラントがルカの福音書の物語を描いたものです。父の家から迷い出た息子が父のもとに戻ってきました。父の愛の御手に抱きとめられ、自分のいるべきところに帰って来て、大きな平安に包まれています。
絵画の父は私たちの御父なる神さまを表わしています。私たちは神さまのもとに帰らない限り、私たちはうろうろさまよい続けなければなりません。神の御腕の中にこそ世にはない平安があります。
教会はこの神さまを礼拝しています。御父の腕の中で聖書から神さまの言葉を聴いて平安をいただきます。教会こそあなたの心が帰りたがっている心のふるさとです。
YouTube3分間の聖書トーク
11月29日のみことば
みことばの戸が開くと光が差し浅はかな者に悟りを与えます。詩119:130
​この戸の上に
マウスポインタを
​置いてください
​ローズンゲンより
みことばの扉
ドゥーモ洗礼堂の天国の扉
千葉キリスト教会から愛するみなさまへ

主の御名を賛美します。
 
 先日、お知らせしましたように、5月31日から以下のような点に注意して礼拝を再開いたしました。なかなか来くることができない方もおられますが、少しずつ回復しています。
 韓国の教会で、讃美歌を歌ったことによって感染が広がったようだということをお聞きして、讃美歌は賛美のビデオを見ながら心を合わせるようにしています。今秋公開の「アイ キャン オンリー イマジン」の紹介とテーマソング、レーナ・マリアさんの公演中止の挨拶と賛美など、なかなか一緒見ることができない映像を映しています。みなさん興味深くご覧になりながら賛美しておられます。
 みなさんもコロナ対策に慣れてこられました。それでもできる限り配慮しながら主日礼拝をささげていきたいと思っています。状況が許されるなら、どうぞ、お越しくださり、神さまに感謝と賛美をもって礼拝をささげましょう。

① 礼拝時間
しばらくの間「11時から12時」にいたします。現在、ドイツの教会に対して、教会監督から、礼拝は1時間以上してはならないという勧告が出されています。私たちもこれを参考にしたいと思います。

② 換気について
(1)換気扇 礼拝堂の換気扇3台を新しくしました。そのうち2台は説教卓の左右にあるので、説教者の呼気を排出してくれます。
(2)窓・入口 礼拝中は開けておきます。

③ 飛沫対策
(1)礼拝はマスクを着用しましょう。また体調が優れない方はステイホームを続けてください。
(2)席の間隔を広げる。四方2メートルは難しいと思いますが、広くとります。
(3)説教者の飛沫対策。ひとつは換気扇です。もうひとつは説教者用のアクリル板の囲いあるいはマスクをします。みっつめはマイクで司式や説教をして、必要以上に大きな声を出さないようにします。
(4)プログラムによる対策 しばらくの間、讃美歌は歌わず、賛美の映像を流しますので、賛美に心を合わせましょう。また主の祈りはレーナ・マリアさんの賛美に心を合わせます。

④ みなさまから
以上、私たちが気づいたところを書きました。みさまからご希望やアドバイスがありましたら、よろしくお願いします。

なお、くれぐれもみなさまお一人おひとりの体調を大事になさって、無理をなさらず、少しずつ新しい礼拝生活を始めてくださるようにお願いします。

「見よ、処女が身ごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」それは、訳すと「神が私たちとともにおられる」という意味である。(マタイ1:23)

礼拝の特別な喜びの恵みをみなさんで分かち合う日が一日も早く来ますよう、インマヌエルの神が私たちとともにいてくださいますように。
イエスさまのお名前によってお祈りします。アーメン

        2020年10月1日 千葉キリスト教会 後藤弘・直子
​〒263-0022 千葉市稲毛区弥生町4-30 043-284-9116  chiba_cc@ybb.ne.jp

© 2018 by Chiba Christ Church Proudly created with Wix.com